私も薄い髭を濃くしたい!と強く思ってきた一人です。

薄い髭を濃くしたい

 

『髭 薄い』 『髭 濃くする』 といった単語で検索している方向けのサイトです。

 

当サイトの管理人自身も髭が薄いため、髭のおしゃれができずに悶々と過ごしてきた一人です。

 

薄い髭でもおしゃれなスタイルにできないのか、そもそも薄い髭をなんとか濃くする方法がないのか、と薄髭についてネットで検索してもあまり有効な記事は見つからず、それならいっそ自分で調べてみたことや実践してみたことを発信してみようと思い、ホームページを立ち上げました。

 

ネットを検索していると、濃い髭に悩む人向けの記事はたくさんあり、そういう人たちにとっては私のような髭はもしかしたら理想なのかもしれません。

 

濃い人は濃い人で、髭剃りが面倒であったり、朝剃っても夕方には髭がうっすら出てしまうといった悩みもあり、また、髭文化の浅い日本では、女性にも不評である場合もあり、薄い髭に生まれてきて何を贅沢言ってるの?とも言われそうです。

 

隣の芝は青く見える、ではありませんが、髭の濃い人にしてみれば変わった悩みに思われるかもしれません。悩みは人それぞれです。

 

男に生まれてきたからには、おしゃれ髭でワイルドな自分を演出したいものです。
ということで、このサイトはそういった同じ 『髭を濃くしたい!』 という気持ちを持つ男性にこそ見て欲しいと強く願っています。


髭の濃い・薄いはどうやって決まるの?

髭が薄い原因@ 遺伝によるもの

髭の濃さはある程度遺伝の影響を受けます。子供は父親と母親の遺伝子を受け継ぎ、両方の性質を持って生まれてきます。

 

男子は父親から男性ホルモンの性質を受け継ぐ割合が高いため、父親の男性ホルモンの分泌量が多いと子供にも多さが遺伝しやすくなります。そのため父親の髭が濃いと、生まれてくる子供の髭も濃くなることが多くなります。

 

髭以外にも、頭髪の薄さや髪質、目の色、肌の色、顔の形なども遺伝しやすいと言われています。親子で見た目が似ることはもちろん、髭の生え方など体質的な部分は男性ホルモンの遺伝が大きく影響するといえます。

 

ご自分の父親の髭はどのような濃さでしょうか。
管理人の父親の場合は、髭をマジマジと見たことはありませんでしたが、子供の頃を思い出すと、剛毛ではなかったですがそれなりに広範囲で髭が生えていたように記憶しています。風呂場でカミソリ刃を使って髭剃りをしていました。

 

髭が薄い原因A 男性ホルモン分泌量

男性ホルモンの分泌量は遺伝によっても大きく決定付けされますが、後天的にも分泌量は変化してきます。

 

髭は男性ホルモンの影響を受けて生えてくる「性毛」のひとつで、この男性ホルモンの分泌量が多い人ほど髭の生える範囲が大きく、しっかりとした濃い髭が生えやすくなります

 

「性毛」とは、第二次性徴期(いわゆる思春期)以降に発毛する体毛の総称で、髭、腋毛、陰毛などを指します。これらの性毛は男性ホルモンの影響を受けます。頭髪や眉毛など生まれてすぐから生えてくる毛は「無性毛」と呼ばれ性ホルモンの影響を受けにくい性質を持っています。

 

男性ホルモンは「男性らしさ」を促すホルモンです。体内で分泌される「テストステロン」値を計測することによってその多い少ないを知る事ができます。

 

男性ホルモンは、骨や筋肉の形成、皮脂の分泌、血液の生成などに機能します。この男性ホルモンが多く分泌している人は性毛も濃い傾向にあります。すなわち髭も広範囲に濃く生えることになります。

薄い髭を少しでも濃くする10の方法

薄い髭を少しでも濃くする10の方法

 

薄い髭を濃くする方法は、内的方法と外的方法の大きく分けて2つあります。

 

まず一つ目の内的方法。男性ホルモン量を増やすことで髭の発育を促します。時間はかかりますが一番の正攻法で、髭だけではなく骨や筋肉など体も男性らしくなることが期待できます。

 

もう一つの外的方法は、毛細血管に働きかけるもの。毛は毛細血管から栄養を取り込み太く濃くなっていきます。血行不良になれば毛に栄養が行きわたらず毛をしっかり育てることができません。血行を促進することで髭の生える環境を整える方法です。

 

筋トレをする

筋トレをする

期待される効果:◎  簡単さ:×

筋トレで筋肉を鍛えることで男性ホルモン分泌量を増やします。筋トレを行うことで、髭だけではなく見た目も男性らしくすることができます。
また、筋トレだけでなく、スポーツや勝負事など他者と競いあい勝負に勝利することでも男性ホルモンが分泌しやすくなります。

 

総合的にはこれが一番ですが、自分自身の経験でもなかなか継続することは難しいです。髭を濃くするためにハードな筋トレをするというよりも体を鍛えること自体を目的にジムに通うなど強い意志が必要ですね。

 

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとる

期待される効果:△  簡単さ:△

良質な睡眠は成長ホルモンを分泌させ、痛んだ身体のメンテナンスをしてくれます。毎日しっかりと質の良い睡眠をとるように心がけましょう。
睡眠時間を確保し、質の高い睡眠を取ることで男性ホルモンの分泌が増えます。また、夜10時〜2時はホルモン分泌が行われるゴールデンタイムと言われており、この時間に睡眠をとることでより効果が見込めます。
寝酒はよく眠れそうですが、深い段階の眠りを少なくしてしまい、睡眠の質を下げてしまうようです。アルコールが男性ホルモン量を低下させるという調査結果もありますので、毎日お酒を飲んでいる方は、髭のためにも体のためにも休肝日を設けてみることから始めてみてもいいかもしれません。

 

食事を見直す

食事を見直す

期待される効果:△  簡単さ:△

まずは一日三食をきちんと決まった時間に食べること。
その上で、炭水化物の過剰摂取を控え、良質なタンパク質を摂取することが重要です。
タンパク質を多く含む食事を摂取することで、男性ホルモンを強化することができます。
おすすめの食材は、牛肉・豚肉・鶏肉・魚類・卵・牛乳などタンパク質を多く含むもの。
ニンニクやネギ類、ネバネバ食材なども男性ホルモンを増やす効果があります。

 

性的興奮を高める機会を増やす

性的興奮を高める機会を増やす

期待される効果:△  簡単さ:△

性的興奮を高める機会を増やすのも男性ホルモンの分泌が高まります。なるべく女性と接する機会を増やしたり、積極的にデートに誘ったりすることでも効果があるかもしれません。
髭を濃くすることを目的にして性的興奮を高めるのも違和感がありますが、他の項目と組み合わせて、なるべく男性ホルモンが分泌される環境づくりを心掛けてください。独身の方は是非どうぞ。

 

漢方薬を摂取する

漢方薬を摂取する

期待される効果:○  簡単さ:○

漢方の精力剤にも男性ホルモンを増やす効果があります。漢方薬局で購入できる海馬補腎丸(かいばほじんがん)には、高麗人参のほか、東洋医学の世界で有名な精力剤である海馬(タツノオトシゴ)や海狗腎(オットセイ)の生殖器などが配合されており、古くから中国では強精、強壮剤の代表な薬として使用されています。
漢方は安全で、加齢とともに減少していく男性ホルモンを補給することで様々な問題も改善してくれるので良いのですが、継続するにはちょっと値段が高いのがネックです。

 

サプリメントを摂取する

サプリメントを摂取する

期待される効果:○  簡単さ:◎

食事だけで不足する栄養分をサプリで摂取します。男性ホルモンの分泌に役立つ成分は「亜鉛」と「ビタミンD」。亜鉛は食事でも摂取できるのですが、加熱によって大幅に成分が減少してしまう性質があり、ほとんどの日本人男性の摂取量が不足していると言われています。
「ビタミンD」は太陽光を浴びることによって自分の体内で生成することができますが、紫外線の悪影響も一緒に受けてしまうリスクもあります。
安全にしっかり必要な成分を摂るのにサプリメントが役立ちます。
※亜鉛の過剰摂取は体調不良を起こす可能性がありますので接収量を守りましょう。
「亜鉛」配合のサプリメントを見る(購入時はトライアル100円でした)
「ビタミンD」配合のサプリメントを見る

 

病院で男性ホルモン療法を受ける

病院で男性ホルモン療法を受ける

期待される効果:◎  簡単さ:×

究極的ではありますが、ホルモン注射で定期的にホルモン投与を受けることで男性ホルモンを増やします。
髭以外に筋力アップや精力アップにも効果があると言われていますが、体内のホルモンバランスが変わることで髭だけではなく体に色々な影響が出てくることが想定されますので医師と十分相談のうえ受ける必要があります。
コスト面、通院の負担、頭髪への影響なども含め不安な面も多く、デメリットも多いようです。

 

フェイスマッサージを行う

フェイスマッサージを行う

期待される効果:○  簡単さ:○

毛は毛細血管から栄養を取り込むことで太く濃くなっていきます。血行不良になると栄養が行きわたらず毛をしっかり育てることができません。マッサージで血行を促進することで細部まで栄養や酸素が行き届き髭の生える環境を整えるようにします。
マッサージと言っても難しいことはせず、あごからもみあげにかけて(髭濃くなれという気持ちで)手の平で優しくなでるだけです。フェイスラインを上げることで顔のたるみも一緒に改善される効果もありそうです。

 

電気シェーバーに変えて髭剃りを使う

電気シェーバーに変えて髭剃りを使う

期待される効果:○  簡単さ:○

これは医学的に根拠があるわけではなく都市伝説的ではありますが、髭剃りで毛穴に刺激を与えることで髭が濃くなると言われています。刺激を与えるといっても、肌を気づ付けないように注意しながら剃るようにしてください。「髭は剃れば濃くなる」という噂もありますが、こちらも医学的根拠はなく真偽はさだかではありません。
私の場合は昔から髭剃りを使っていますが、これによって髭が濃くなったとは思えないです。残念ながら。

 

育毛剤を使う

育毛剤を使う

期待される効果:◎  簡単さ:○

髭専用の育毛剤はありませんので、頭髪用の育毛剤を使います。髪の毛の代わりに、髭を濃くしたいところに直接塗布していきます。
育毛剤の選び方に一つだけ注意があります。
頭髪用育毛剤にはタイプがあり、大きく分けて『男性ホルモンを抑えて育毛するタイプ』 『血行を促進して育毛するタイプ』 『毛根に栄養を補給するタイプ』 の3つがあります。
髭を生やす・濃くするためには、男性ホルモンを増やして、且つ血行を促進することが重要ですので、間違っても男性ホルモンを抑制するタイプを選ばないようにしましょう。
使ってみた育毛剤を見る


管理人自身がやってみた結果は?

私が実践したのは(というか、ホルモン療法以外は全部やってみましたが、続けられたのは)睡眠とフェイスマッサージ、育毛剤です。
ジムは仕事が忙しくなったことを理由(言い訳)に2ヶ月でアウト。続けられたらパキパキの体になっていたかもしれませんね。

 

ちょっと体調面でのこともあって、今回の機会に睡眠を見直し、なるべく決まった時間に布団に入るようにし、食事時のお酒も毎日から週3回に減らしました。髭への効果は測定できませんが、体調は明らかに良くなりました。これはこれで良かったのかなと。

 

フェイスマッサージは風呂につかりながらマッサージする習慣をつけました。これで顔のたるみも取れればいいですが。
たぶん育毛剤が直球で効果があったのかなと思っています。半年間使ってみた結果が下の写真です。(最後に剃ってから10日目の写真です)

 

髭が生えてきました

 

髭のある人から見れば、その程度なの?と言われそうですが、ほとんど髭のなかった状態から比べれば「しっかり生えてるじゃないの」と個人的には満足しています。もう少し生えてくればきちんとデザインカットしておしゃれな感じにしたいな〜と期待しています。

 

髭の形と同じく髭の生え方にも個人差がありますので、今回の方法がすべての人に合うとは言えませんが、私と同じように髭が薄い悩みをお持ちの方は是非試していただき、少しでも髭が濃くなる助けになれば幸いです。

 

今回使用してみた髭に使える育毛剤はこちら